タマディックで活躍できるチャンスを掴む

技術や能力で大きく左右される業界というのは、滅多にチャンスが巡ってこないものです。
特に、入社してから3年間ほどは基礎的な事から学んでいき業務をこなしていく傾向にあるため、なかなか仕事を任せてもらえない事も。
エンジニアの世界でも、まずはベテラン社員や先輩社員の仕事をしっかり観察しながら過ごすので、仕事を任せてもらえるまでには時間がかかってしまいます。
しかし、タマディックでは若い社員でも実力を認めてもらうことが出来れば仕事を任せてもらうことが出来ます。
未経験者であったとしても、しっかり業務をこなせるようになり技術も習得できていれば任せてもらえるので、チャンスがあります。


チャンスを活かせるかどうかは自分次第

通常であれば、入社してから数年間経たなければ仕事を任せてもらうことが出来ません。
ですが、タマディックは若い社員だろうと技術や能力を持っていれば、仕事を振ってくれるので大きなチャンスとなります。
そのチャンスを活かすことが出来るのかどうかについては、自分の努力次第です。
成功させようと一生懸命に努力しながら頑張って結果を出せば評価してもらうことが出来て、さらに仕事を任せてもらえます。
失敗してしまったらその失敗した原因を反省して、次の仕事では二の舞にならぬよう活かせば良いのです。
タマディックはエルダー教育がありますから、先輩社員に相談をして解決策を見つけ出すという手もありますよ。


チャンスを与えてくれる会社は少ない!

タマディックのように若い社員にもチャンスを与えてくれる会社というのは、本当に数少ないです。
だからこそ、早く成長していきたいとか結果を残して上を目指したいと考えている方は、こちらの会社がおすすめなのです。
チャンスを与えてくれる会社というのは珍しいことなので、少しでも早く成長していきたいという方はタマディックを検討してみませんか。
毎日様々な業務をこなしていく中で習得できるスキルも多くありますから、毎日が勉強です。
始めのうちは失敗してしまうことの方が多いかもしれませんが、先輩社員がフォローしてくれますから安心ですよ。


自分の努力も大事だけれど

何かを成功させるためには自分の努力が最も大事になってきます。
しかし、頑張れるチャンスがなければ一生懸命に頑張ることが出来ません。
タマディックではベテラン社員や若い社員に関係なく仕事を任せてくれるので、大きなチャンスです。
このチャンスを掴んで自分の力を大きなものへと変化させて、結果を残して一歩ずつステップアップしていきませんか?

体験型企業セミナーを開催しているからぜひ参加を

様々な企業が現在インターンシップを設けているので、一定期間業務を体験することが出来ます。
比較的に1日と決めていることが多いとは思うのですが、中にはそうではない会社もあるようですね。
タマディックでも1日インターンシップを行っていますから、どのような業務を行うのか身をもって体験することが出来ます。
ですが、それだけではなくてこちらの会社では体験型企業セミナーも開催しています。
ものづくりや機械をいじることが好きという方や、大学や短大などを卒業している方などを対象に開いています。
公式サイトからではなくて、リクナビからエントリーすることが出来ます。


タマディックのセミナー内容とは?

体験型セミナーを開催しているから参加してみて下さい、と言われても正直困ってしまいますよね。
どのような内容になっているのかについて具体的な事について把握していないと、参加しようという思いが出てきませんからね。
タマディックの体験型セミナーでは、モノづくりの流れやグループワークを通して機械設計の構想から試作、その他工程に至るまでを退官することが出来るようになっています。
普段体験することが出来ないようなことまで知る事が出来ますし、体験する事も可能なので今までの考え方や視点も少しずつ変わってくるかもしれません。
タマディックのセミナーの募集人数は10~16名となっておりますので、興味のある方は早めに申し込みを済ませましょう。
また、気になる交通費につきましては1万円まででしたら支給してもらえます。
なんと、昼食までタマディックが用意してくれるので食費代を浮かすことも出来てしまうのです。


採用選考とは一切関係ない

もともとタマディックの面接を受けようと考えていて、セミナーに参加する事を決める方もいるようです。
ですが、採用選考には一切影響しないものなので全く気にする必要はありません。
少しでもタマディック側に自分の印象を残したいその気持ちは十分理解できますが、関係ないので純粋に参加して情報収集していきましょう。
実際、タマディックのセミナーに参加をすることで自分がどのような事をしていきたいのか、それを見つける大きなキッカケになる可能性もあります。


見極めるためにも参加してみる

タマディックの面接を考えている方や面接を控えている方は、一度セミナーに参加してみましょう。
モノづくりの基礎から知識を付けて、実際に体験する事も可能なので自分がどのような事をしていきたいのか考える良いキッカケになります。
採用選考には一切影響しませんから、純粋に楽しみながら参加するのが一番です。
交通費は1万円以内であれば支給してもらうことが可能ですし、昼食も用意してくれるので本当に助かります。
機械があれば一度参加してみるのも良いでしょう!

タマディックへ入社するために必要な事とは

現在では様々なエンジニア企業が名を連ねており、その中からどの企業が良いのか選ぶのは大変です。
今まで紹介してきたタマディックは、チャンスを多く与えてくれる会社なのでプロを目指して成功したい方におすすめです。
自分が希望する事業部を伝えると、その事業部へ配属してもらうことが出来るようになっているので魅力的です。
ただ、どのようにすればタマディックに入社することが出来るのでしょうか?
実際に就活ページを確認してみると、の欄には「ものづくりに興味のある方」とか「設計をやってきた方」などとあります。
しかし、そういった経験がない方でも採用してもらえる可能性が大いにあるのです。
タマディックがどんな人材を求めているのか把握しよう!


選考基準に該当する=採用とは限らない

エンジニアなど実力や能力によって大きく左右する業界では、過去にどんなことをしてきたのか。
これが最も重要視されることが多く、会社に相応しいか相応しくないか判断されることになりますが、こちらの会社は違います。
もちろん、タマディックでも経験者を優遇してはいますが、未経験者であったとしても誰にも負けないほどの熱意ややる気を持っている方であれば評価してもらえます。
強い熱意を持っている方の方がより様々なスキルを習得して、会社にとってとてもありがたい事だからなのでしょう。
ですから、たとえ過去にモノづくりや設計を経験していて選考基準に該当しているからと言って、必ずしもタマディックに入社することが出来るというわけではないのです。


自己分析をしてからタマディックに面接へ

どの企業の面接でも、自分の伝えたいことをどの程度相手に伝えることが出来るのか。
自分が考えている事や頑張っていきたいことをどのようにして伝えることが出来るのか、これが最も大事です。
せっかくの面接の場で自分の思っていることを何一つ伝えることが出来ないのは、非常に残念な事です。
タマディックの面接官も同じことを考えており、自分を伝えるためにはまず自己分析する事が大切だと話していました。
自己分析は、自分が今までどのような事をしてきたいのか、どのような事を目標にしているのか。
長所や短所も自分でしっかり把握してまとめる事が大事なんだそうです。


採用してもらうために

タマディックの面接で採用してもらうためには、まず自己分析をしっかり行うようにしましょう。
自分自身の事を理解してから、どのような事を頑張っていきたいのかということについて伝えていくのが大事です。
タマディックの面接は履歴書よりも会話力や熱意、どんなことを目標にしているのかという点が上手にできるのかが重要。
また、こちらの会社では外国人留学生も積極的に採用しているので、そういった方にもチェックしていただきたいですね!

研修も制度もしっかり整っているから安心できる

多くの企業では社員の事を考えた研修や制度を設けていると思います。
一人でも多くの方が働きやすいように考えられているのだと思いますが、中には研修がしっかりされていない企業も見られます。
そんな中、私が見つけたタマディックでは充実した研修を行っているのです。
入社してから最初の2ヶ月間は、未経験者でも理解できる基礎的な部分から研修をスタートしていきます。
わからないことがあればその場で質問できるようになっていますから、業務の知識や技術を習得するのも苦ではありません。


タマディックの研修内容について

上記では未経験者でも理解できる基礎的な事から学んでいくとお話しました。
技術面の基礎知識や設計・製図・製作実習・CADなど、新入社員が集合して研修を受ける事になります。
技術的な面のスキルだけを学んでいくのではなくて、ビジネスマナーも同時に習得していくように組まれているのもポイント。
社会人になった時点でビジネスマナーというのは自ら習得するものというイメージが強いです。
実際、企業に入社しても研修で指導してもらうことが出来る会社というのは、接客業を中心とした企業くらいですよね。
タマディックのような裏方で活躍する方でも、しっかりとした人材に育てたいという気持ちが強いからかもしれません。
2ヶ月間の研修を終えて、その後エルダー教育といって先輩社員が新入社員の指導を行ってくれます。
業務に関する事のみではなく、抱えている悩みについても相談する事が可能です。


制度もしっかりしていて頼もしい

タマディックはエンジニア企業ですが、女性の採用も積極的に行っています。
こちらの会社では、男女に関係なく仕事を任せてもらうことが出来るのでチャンスが多いという点も魅力。
現に女性社員も多くなってきているため、「くるみんマーク」を取得しているのです。
子育てにも理解してくれ、育休など子育てに関する事でも協力してくれるようになっていますから、女性でも働きやすい環境になっています。
男性ばかりが集まる企業ではどうしてもこういった制度の導入が遅れてしまっている傾向にあります。
しかし、タマディックは女性でも働きやすく長く勤めることが出来るようにと、積極的に取得したのです。


タマディックなら長期的に働ける

長期的に安定して働くことが可能なように、こちらの会社では研修制度にも力を入れています。
未経験者からでもきちんと習得できるようプログラムが組まれていますし、ビジネスマナーも学ぶことが出来ます。
そして、エルダー教育により先輩社員が新入社員をマンツーマンで指導してくれるため、入社後も安心。
女性が安心して働くことが出来るように、「くるみんマーク」も取得済みなので、女性でも活躍する事が可能です。

タマディックはこんな会社です

突然ですが、皆さんはタマディックという会社をご存知でしょうか?
もしかしたら、一度くらい耳にしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれませんね。
どのような会社なのかというと、自動車やトラック、ロケット開発などのエンジニア企業なのです。
理工学系の方やエンジニア志望だという方でしたら、一度くらい名を聞いたことがあるかもしれません。
様々な企業に技術提供をして、色々なプロジェクトにも参加している企業です。
公式サイトをご覧になっても詳しいことについて理解する事は難しいので、就活ページをご覧になってみてはいかが。
タマディックの就活ページで詳細を知る!


様々な事業部に分かれている

一つの大きな会社として運営しているのではなくて、各事業部に分かれて業務を行っています。
タマディックでは自動車運送機器・航空宇宙機器・総合電機メーカーなど色々な事業部に分かれています。
こちらの会社では、自分が希望する配属先がある場合そのことを面接などで伝えると、最大限考慮してもらうことが可能です。
例えば、自動車関係のエンジニアとして活躍していきたいという熱意をタマディックの面接官に伝えると、その希望を聞き入れてもらうことが出来るのです。
そのため、自分の叶えたい夢や目指すべき目標がきっちり決まっている方は、こちらの会社でチャンスを掴むことが出来ます。
また、タマディックではインターンシップもありますから、そちらに一度参加して体験してみるという手もあります。


タマディックは風通しの良い社風

どの企業も上司と部下、年功序列を優先的に考え仕事をこなしていきますよね。
もちろん、タマディックでも上司と部下の関係性はきちんとしているのですが、連携がしっかりとれているので環境が良いです。
エルダー制度を導入しているため、新入社員に先輩社員が付きマンツーマンで指導してもらうことが可能です。
業務に関する指導だけではなく、プライベートで抱えている悩みについても相談することが出来ますので安心。
このエルダー制度により、新入社員が少しでも早く社内環境や事業部に慣れるよう考えているようです。
実際、入社した新入社員の方々は慣れるまであっという間だと話していました。


働きやすい会社タマディック

タマディックは、様々な企業に技術提供しているエンジニア企業です。
経験者ではなく未経験者でも強い熱意を持っている方であれば、採用してもらえる確率が高いです。
エルダー制度があるので、あっという間に会社や事業部に慣れることが出来て安定して勤める事が可能です。
インターンシップもあるので、エンジニア志望の方は一度申し込みをして体験してみる事をおすすめします!